ベンゾインはジャワ、スマトラ、タイを中心とする東南アジアに生息するエゴノキ科の樹木で、樹脂から抽出されるアロマオイルです。
香りはバニラのようで深い甘い香りがします。

別名安息香と呼ばれるとおり心をほっと安らげるような良い香りです。

緊張、悲しみ、孤独、不安などを感じたときに心が温まるように安らぎと落ち着きを与える効果があるのです。

古代より宗教儀式に使われるなど、瞑想の時や精神を落ち着かせるために使用されてきました。

ゆったりした気分になる反面、眠気を誘うので車の運転時など集中を要する場合に使用するのは適しません。

身体への効能は、風邪予防、喘息、気管支炎、せき、咽頭炎などの気管支系のトラブルに役立ちます。

血糖値を下げる作用があるので糖尿病に。利用作用があることから膀胱炎にも役立ちます。

また鎮痛効果もあり関節炎にも効果があります。

肌への効果は保湿作用、抗炎症作用がありあかぎれやひびわれ、吹き出物、皮膚炎、水虫、しもやけに効果があります。クリームやオイルに混ぜて肌に使用すると良い香りに心も同時に癒されます。

ストレスが多く精神のバランスが崩れやすい現代社会において、癒しのために必要とされるアロマオイルの一つです。